« 琢磨、予選5番手!TOYOTAポールポジション | トップページ | スタートで終わった琢磨の日本GP »

2005年10月 9日 (日)

ファンタスティック・フォー

22本目「ファンタスティック・フォー」有楽町スバル座

解説:1961年に発表された同名コミックを映画化!監督は「TAXI NY」でド派手なカー・アクションを見せつけたティム・ストーリーが担当。超能力を操るメンバーを演じるのは「キング・アーサー」ヨアン・グリフィス「シン・シティ」ジェシカ・アルバ。天才科学者と、彼の元恋人で女性化学者スー、スーの弟でパイロットのジョニー、リードの親友のベンは、スーの現在の恋人で野心的な実業家ビクターの援助を受けて、人類の進化を解明するための宇宙実験を実施・・・が実験は失敗、宇宙嵐の光線を浴びたことにより、DNAが変化した彼らは人間を超えた力を授かり・・・

VFXはやはりさすがによく出来ているし橋の事故シーンも迫力がありましたし何といっても本来秘密のはずなヒーローの正体バレバレ(^^;)って、僕的には結構好きなんですが・・・最後のDrドゥームとの戦いがいきなり始まってすぐ終わりって・・・同じマーベルコミックの「X-MEN」「スパイダーマン」に比べて今いち盛り上がりにかけているような・・・まぁ全体的に「ファンタスティック・フォー誕生編」といった感じなんですかね。続編製作も決定したそうですし(終わり方もモロ続編を意識した終わり方ですし)続編では頭からパワー全快でお願いしたいですね。

私の評価:★★★

|

« 琢磨、予選5番手!TOYOTAポールポジション | トップページ | スタートで終わった琢磨の日本GP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138915/6313497

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタスティック・フォー:

« 琢磨、予選5番手!TOYOTAポールポジション | トップページ | スタートで終わった琢磨の日本GP »