« コンストラクターズ最終決戦と琢磨 | トップページ | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 8 »

2005年10月17日 (月)

今年を象徴するような最終戦

今年も無事(?)終わりましたF1グランプリ。

17番手スタートの佐藤琢磨は抜群のスタートを決めたもののフライングをとられドライブスルーペナルティ、その後、セーフティーカー導入の混戦で8位まで挽回したもののギアボックストラブルでリタイヤ!

優勝は今年のワールドチャンピオンのアロンソ、2位にはランキング2位のライコネン、3位には今年躍進を果たしたTOYOTAのR・シューマッハ、フィジケラはペナルティで4位、モントーヤはトラブルでリタイヤ、バトンはちゃっかり8位で10戦連続入賞、M・シューマッハにいたってはウォームアップでミナルディと接触&レースではスピンしてリタイヤ!各チーム、ドライバーともに今年を象徴するような結果でした。

琢磨は今年、1ポイントのみ・・・更に、B.A.Rのレギュラーシートを失うと散々なシーズンでしたが、だからこそきっと得たものも多かったと思います。来年もスターティンググリッドにつく琢磨が見たいぞ~

|

« コンストラクターズ最終決戦と琢磨 | トップページ | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138915/6448797

この記事へのトラックバック一覧です: 今年を象徴するような最終戦:

« コンストラクターズ最終決戦と琢磨 | トップページ | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 8 »