« ジャーヘッド | トップページ | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 13 »

2006年2月26日 (日)

ナルニア国物語 第1章~ライオンと魔女~

07本目「ナルニア国物語」TOHOシネマズ市川

解説: 20世紀を代表する英国作家、C.S.ルイスによる全7巻からなるファンタジー巨編「ナルニア国物語」シリーズの第1章を映画化。監督は『シュレック』シリーズのアンドリュー・アダムソン。偉大なる王アスランが作った国ナルニアは、冷酷な白い魔女(ティルダ・スウィントン)により、100年にもわたり冬の世界に閉ざされていた。そこへルーシーという名の一人の少女が迷い込み・・・
衣装ダンスをあけるとそこは不思議な国だった・・・子供の頃、一度は空想してしまいそうな話を映画してくれた功績は大なのですが作品自体は可もなく不可もなく万人が楽しめるファンタジー大作!
ついつい比較対照にしてしまうんですがロード・オブ・ザ・リング比べて、話が単純明快で展開が早く、しゃべるビーバーや小人などキャラクター造型もグロイよりかわいく、最後の合戦シーン描写も抑え目な感じでなうえ、上映時間もファンタジーにしては短めの2時間20分で子供にも充分楽しめる・・・ある意味ディズニーらしい映画です。しかし最近、この手の作品が増えた為、目新を感じないところは作品として正統に評価されない部分かも、あと5年早ければよかったのに・・・。
あと余談ですが、ライオンのアスランを見ているとネバーエンディングストーリーのファルコンを思い出してしますんですよね~。

私の評価:★★★★

|

« ジャーヘッド | トップページ | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138915/8844414

この記事へのトラックバック一覧です: ナルニア国物語 第1章~ライオンと魔女~:

« ジャーヘッド | トップページ | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 13 »