« SUPER AGURI出陣!! | トップページ | ナルニア国物語 第1章~ライオンと魔女~ »

2006年2月24日 (金)

ジャーヘッド

06本目「ジャーヘッド」@日劇1

解説: N.Y.タイムズが戦争文学の最高峰と絶賛した海兵隊員のベストセラー回顧録を「アメリカン・ビューティー」でアカデミー賞を総ナメにしたサム・メンデス監督が映像化した戦争ドラマ。15年前に起きた湾岸戦争従軍兵の内なる戦いを表現、戦場の現実をスクリーンに叩きつける。1989年、18歳のスウォフ(ジェイク・ギレンホール)は海兵隊員の父親と同じ道を進むべく、自分も海兵隊に志願する。狙撃手として湾岸戦争下のイラクに派遣されるが、実践ではなく演習と待機の日々が待っていた……

同じ湾岸戦争を扱った「スリー・キングス」はブラックコメディー的な話だったのである意味対局の作品なのでは?最初は「フルメタル・ジャケット」か?と思わせる序盤が終わり砂漠に派遣された途端、大きな事件もなく日々を兵士達の日常が淡々と描かれて・・・今までの戦争映画と違うアプローチをしているため、一瞬、これは戦争映画なのか?と思ってしまったのですが、終盤の任務で一発でいいから一人でいいから殺させてくれと懇願する場面に出くわし改めて戦争とは人としての尊厳を破壊するものだと感じさせられました。全体的には気楽でもなけど重くもない非常に微妙な立ち位置の映画なのでは・・・
主役の彼らは僕と同年代になるのですが、現在第2次湾岸戦争と呼ばれる今のイラク紛争をどう思うのだろうか、話を聞いてみたいです。

私の評価:★★★

|

« SUPER AGURI出陣!! | トップページ | ナルニア国物語 第1章~ライオンと魔女~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138915/8820238

この記事へのトラックバック一覧です: ジャーヘッド:

« SUPER AGURI出陣!! | トップページ | ナルニア国物語 第1章~ライオンと魔女~ »