« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月22日 (水)

ウォレスとグルミットウォレスとグルミット~野菜畑で大ピンチ!~

09本目「ウォレスとグルミットウォレスとグルミット」シネカノン有楽町

解説: 世界中に熱狂的なファンを持つ人気クレイ・アニメ「ウォレスとグルミット」シリーズ待望の初長編作。おとぼけ発明家ウォレスと名犬グルミットが、畑の野菜を荒らすウサギ退治に挑む。監督はシリーズの生みの親で、アカデミー賞3度受賞の巨匠ニック・パークと、本作が初の長編映画となるスティーヴ・ボックス。年に一度のお祭“巨大野菜コンテスト”を目前に、畑を荒らすウサギが大発生。発明家ウォレスと相棒グルミットは野菜を守るべく奔走していたが、ある夜今までにないほど畑が荒らされてしまう。町では巨大ウサギの仕業であるとのうわさが流れ…

おなじみのBGMではじまるオープニングからラストまで脚本の良さと細かい演出であきることなく満足できる内容の一本でした。長編になるとどうしても間延びすることもあるのですがそれも感じさせずちょっとした場面場面で笑いを入れるセンス(特にクライマックスの飛行機のコインのシーン)はお見事の一言!ただ、今回の重要な要素になるウサギ達が少しブタウサギぽっく見えたのは自分だけでしょうかね?いままで吹き替え版のみの視聴だったのですが今回初めて字幕版を観てみました。英語のウォレスも良かったのですがどーしても吹き替え版のイメージが強いので次は欽ちゃんの吹き替え版で見比べ(聴き比べ)してみたいです!トータル的な話はウォレスとグルミット版「ジキルとハイド」といったかんじなのでしょうか・・・

私の評価:★★★★★

シネカノン有楽町を初見だったのですが小奇麗で少しこぢんまりした感じだったのですが劇場内は非常に奥行きを感じました。全体的にシネクイントに近い感じではないでしょうかね・・・(チラシもいっぱいあるし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

チーム力の差!

非常に面白かった第2戦マレーシアGP

セカンドクラブ会長(!)でもあるフィジケラがポールtoウイン!予選を失敗したアロンソも2位表彰台でルノーの1-2フィニッシュ!!一方、初優勝を期待された2位スタートのバトンはタイヤ交換や遅いマシンに引っかかったこともあり3位止まり!同僚の前セカンドクラブ会長のバリチェロもエンジン交換によりグリッド後退やドライブスルーペナルティーもありポイント圏外の10位。マシンの差もあるがチーム戦略の差を感じました。

今回はフィジケラを筆頭にセカンドドライバーの活躍が目立ちましたね~。ウィリアムズのニコ・ロズベルグはデビュー2戦目で早くも予選3番手!ファーストのウェバーが5位(スタートは4位)でレースでもスタートは失敗したもののいいペースで走っていたので表彰台は無理だと思いますがいいポジションでフィニッシュできたのでは?ウェバー・・・踏ん張りどころですね←放送で右京さんがウェバーをベテランといっていましたがデビューは琢磨と同期なんですけどね・・・(^^;)あとフェラーリのマッサ!フェラーリは2台ともエンジン交換によりグリッド後退のハンデがあったのですが1ストップを敢行したマッサがなんとシューマッハの前(コンマ1秒以内)との接近を制しての移籍後、初ポイントを獲得!!シューマッハ・・・うかうかしてられないぞ

そして!今回のもうひとつの見所はSUPERAGURIの佐藤琢磨!1周あたり2秒近く遅いマシンでミッドランドのモンテイロやトロ・ロッソのリウッツィとのバトルは正に琢磨の真骨頂!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

今年を象徴する(?)レース!!

凄かったですね~F1開幕戦-バーレーンGP-
優勝がF.アロンソ、2位・M.シューマッハ、3位・K.ライコネン、4位・J.バトンと今年4強といわれるファーストドライバー達が1~4位に入り、・バトンから見放された(!?)ウィリアムズ勢が6・7位でダブル入賞(新人ニコ・ロズベルグはファステストラップのおまけ付)と大混戦の様子!!
SUPERAGURI・佐藤琢磨もトラブル続出ながらも4周遅れの18位完走!まずは目標達成です!!今回のデータを元に信頼性とスピードをつけてまずは打倒・ミッドランド!!
ところでみなさんはF1速報「F1グランプリ天国」をご存じですか?決してうまいとはいえない(失言すいません)村山文夫さんの独特の絵とギャグで魅せるF1-4コマ(セナが走っていた頃の単行本持ってます!)なのですがそこにセカンドクラブなるセカンドドライバーが主催するクラブがあるのですが・・・レースでついセカンドドライバーたちに不幸(マシントラブルやピット作業の遅れ等)あるとついネタになっちゃうのかな?って考えてしまいます。ちなみに今回の4強、各チームのセカンドドライバーは・・・ルノーのフィジケラがマシントラブルでリタイヤ(さすが現セカンドクラブ会長)、フェラーリ、マッサは序盤にスピンを喫して9位(今回、フェラーリ発レースということで若さが出たのだと思います。次レース頑張ってほしいです!)。マクラーレン、モントーヤは5位(予選5位、決勝5位は決して悪くはないと思うのですが予選最後尾のライコネンが3位に入っているのを見るとやはり・・・物足りなさを感じます)。最後にHONDAのバリチェロはマシントラブルで15位(序盤はバトンと接近戦を演じていたのですがトラブルの後、ズルズルと後退してしまい・・・去年の琢磨がこんな感じでしたね)今年はセカンドドライバーの動向も気にしながら観戦していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

シューマッハ復活(?)のポール

いよいよ始まりました。公式予選!

ポールポジションはちょっと予想外(!?)のミハエル・シューマッハ。2番手には同僚フェリペ・マッサとフェラーリのフロントロー獲得!04年までなら当たり前だったのですが今年はHONDAやルノーさらにはマクラーレンの次、見たいな事を言われていたので・・・いよいよ皇帝復活となるか?SUPERAGURIは残念ながら予想通り・・・1次予選で姿を消しました。HONDA同様、今年初優勝を狙うTOYOTAはトゥルーリの14番手が最高位とちょっと期待外れ!そしてライコネンまたもマシントラブル・・・ってこのチームはマシンは速いのにホントに毎年、こういうところは進歩ないですね(ここ数年それでタイトルを逃しているのに)これではライコネンに出て行かれるのは時間の問題では・・・アロンソは来季ホントにこんなチームに移籍していいのか?

なお、公式予選結果はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

いよいよ開幕F1グランプリ!

長かったオフシーズンを終え、いよいよ始まりましたねF1バーレーンGP

大方の予想通り初日のフリー走行トップはHONDAのデビッドソン(2004年が思い出されます)がとにかく今年のHONDAは強そうです。その他、ルノーも安定しているようだし、フェラーリも2台とも上位にきて非常にコンペティティブみたいだし・・・

そして、我らがSUPERAGURI・・・予想通りとはいえ最下位。それもタイム差がかなりあるようでNewマシンができるまでの開幕から数戦はかなり(どころではない)苦戦が続きそう。予選もおそらく最初のセッションだけ(下位6台)となると思うので明日はしっかり2台とも走りきってほしいです。がんばれ琢磨!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 4日 (土)

機動戦士ZガンダムⅢ~星の鼓動は愛~

08本目「機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-」錦糸町シネマ8楽天地

解説: 原作者・総監督の富野由悠季が、新時代に向けて内容を一新したZガンダム劇場版3部作の最終章。ティターンズ対エゥーゴの内戦や、旧ジオン軍の残党らによる複数勢力の激しい乱戦がスピード感あふれる演出でスクリーンに映し出されていく。 宇宙世紀0087年。連邦軍のエリート組織ティターンズと反地球連邦組織エゥーゴの内戦が激化する一方、クワトロ(シャア)、シロッコ、ジオン軍残党の指導者ハマーン・カーンらの対立によって戦局は混迷を極めていた・・・

今回は素直に楽しめました。TVシリーズでは重要なはずだったキリマンジャロ+ダカール演説やロザミアのエピソードを100%カット(個人的にはダカール演説、形を変えてでもほしかったのですが)することによって、前2作に感じた雑なストーリー展開を回避することができたと思います。その他にも人間関係の描き方(特にヘンケン館長とエマ中尉の日常的な会話での変化)等、非常に行き届いていたし、旧画像と新画像の違和感を感じるところはやはりあったのですが、それ以前に比べれば許容範囲なのでは?

しかし今回も声優の一部変更がありましたね(^^;)ミネバは最初、え~って感じだったのですが、逆に子供らしくなったせいか最後の方になるとこれはこれでありかもって思えたのですが、問題はサラ!前作で使った池脇さんから変更って3部作内でありなのか?

ここからは・・・シャアとハマーンの決着がTVシリーズと同じなのが残念です!もっとしっかり決着をつけてもらいたかったし、その後のシャアの方向性も示してほしかった(逆シャアに繋がるよう)噂の誰も知らないラストにははっきりいって衝撃を感じませんでした。TVシリーズと劇場版が逆だったら衝撃を受けていたかもしれませんが・・・

私の評価:★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 砕かれた世界 スペシャルエディション

先日、最終巻も出て一段落したDESTINY・・・っと思ったら何と前作同様にスペシャルエディション全4巻で発売との事。

しかし何故、3巻ではなく4巻なのか?前作以上に総集編が多いのに4巻って出しすぎなのでは・・・まぁ、消化不良な部分もあったのでその辺をしっかりフォローしてもらえればいいと思います。OVAの噂もあるしSEEDの世界もまだまだ続きそうな気配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-パスネット

sub_n_20060213b_01 いよいよ今週末に公開ですね~「新訳Z」最終章!
評判も全2作に比べてかなりいいですし何より誰も知らない衝撃のラストとは?
なんて感じでTVシリーズをリアルタイムで観た世代としてはとても楽しみなのですが・・・それに先立ち昨日1日にバスネットカードが発売されました。前作「恋人たち」の時は残念ながら手に入らなかったので今回こそはと1日の朝、出勤時(雨なので電車でした)に勢い込んだのですが最寄り駅の篠○では何と完売!!早いよ~。ってことで乗り換えの岩○町で何とかGETっていうか、まだ余ったいたみたいやはり辺境の駅では販売枚数が少ないのか?はたまた大人買いが行われたか・・・などと考えながらカードを拝見!
めちゃくちゃ格好いいですよ!!この格好良さが映画の中で活かされていれば後、絵のギャップさえなければいいのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »