« ウォレスとグルミットウォレスとグルミット~野菜畑で大ピンチ!~ | トップページ | 王者の風格 »

2006年4月 2日 (日)

ホンダドライバーの明暗

昨年まで開幕の舞台となったオーストラリアGP

ポールポジションは開幕から3→2→ポールと一つずつ順位を上げてきたHONDAJ.バトン。決勝も4→3位ときているから今回は2位・・・ってことは彼は優勝できないのかな?2・3位にはルノー勢、4・5位にはマクラーレン勢とバトンvsルノーvsマクラーレンといったとこでしょうか・・・じゃあHONDAのバリチェロはというと第一ピリオドでまさかの脱落の17位、赤旗中断もあり最後のアタックで井出にひっかかってしまい、今年の予選システムにやられてしまった感もあったのですが3戦(とりあえず予選)を終えて決勝、予選とも全てバトンに完敗!(マシントラブルやエンジン交換等ありましたが)まだまだチームやマシン、タイヤになじんでないのもありますが言い訳していましたよね・・・チームは彼の貴重な経験やチームリーダーとしての力を期待していたはずなのに、もがけばもがくほど泥沼のように感じます。まぁまだ3戦(とりあえず予選)なので結論を出すのはまだ早計とは思うのでしっかり見極めたいと思います。

一方のSUPERAGURI佐藤琢磨はチームメイトの井出がノートラブルながらスピンなど空回りする中でトラブルを抱えながらもしっかりと走りきり、エース(テールエンダーですが)としての役割を果たしました。

明暗分けたHONDAドライバーでありHONADA新旧セカンドドライバーといった予選でした。予選結果←はこちら

|

« ウォレスとグルミットウォレスとグルミット~野菜畑で大ピンチ!~ | トップページ | 王者の風格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138915/9384694

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダドライバーの明暗:

« ウォレスとグルミットウォレスとグルミット~野菜畑で大ピンチ!~ | トップページ | 王者の風格 »