« Vフォー・ヴェンデッタ | トップページ

2006年4月25日 (火)

皇帝の復活

ミハエル・シューマッハの復活に涌いたサンマリノGP
最後までアロンソとのバトルは手に汗握るものがありました。両チームのセカンドドライバーを見てみるとマッサは序盤、アロンソを押さえる事に成功し最終的には4位入賞とセカンドドライバーとして十二分の働きでした。一方のフィジケラは予選の戦略ミスから11番手からのスタートで8位入賞と最低限の仕事をしたって感じです。残る4強の2チームはというとマクラーレンはモントーヤ3位、ライコネン5位と2台W入賞で1人は表彰台を獲得したのですが何か盛り上がりに欠けるというか印象薄~って感じ、HONDAは相変わらずの予選番長ぶりを発揮!バトン、バリチェロともピット作業の際のミスにより順位を落とし予選2位・3位が最終的には7位・10位…って残念ですがこのチームにはやはり根底的に何か欠けているものがあるとしか思えません。
TOYOTAに関してもラルフ9位、トゥルーリはリタイヤ(今だ0ポイント)と精彩を欠いたレースでした。HONDA、TOYOTA両チームに言えることなのですが良いときと悪いときの差が激しすぎる!コンストラクターズを取れるチームというのは最悪なときでも最低限の仕事が出来るチーム(今回のマクラーレン的)なのだと思います。SUPER AGRUIもダブルリタイヤと言うことでちょっと小休止状態といったとこでしょうか?

決勝結果←はこちら

|

« Vフォー・ヴェンデッタ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138915/9755142

この記事へのトラックバック一覧です: 皇帝の復活:

« Vフォー・ヴェンデッタ | トップページ