« 自転車通勤日記vol.002「街の自転車屋さん」 | トップページ | 皇帝の復活 »

2006年4月25日 (火)

Vフォー・ヴェンデッタ

12本目「Vフォー・ヴェンデッタ」TOHOシネマズ市川

解説: 第3次世界大戦後のイギリスを舞台に、孤高のテロリスト“V”が国家に立ち向かう近未来スリラー。『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟が製作と脚本を手掛ける。第3次世界大戦後、ファシズム国家と化したイギリスで、夜の街で秘密警察に捕まったイヴィー(ナタリー・ポートマン)は、仮面の男“V”(ヒューゴ・ウィービング)に救われる。国を憎み、恐怖政治を憂う“V”は、国民を暴君の手から解放する野望をイヴィーに打ち明けるが…

革新的な映像(ただナイフのシークエンスはよかったです)を控えファシズム国家と民衆との対立を色濃く出したメッセージ性を強い作品の為、正直もっと複雑な話だと思っていたのですが意外とわかりやすい話で最後まで楽しめました。「V」ことヒューゴ・ウィービングの声と優雅な動きによる存在感にはただただ圧倒されるばかりの上、ナタリー・ポートマンもスキンヘッドによる熱演でより深みのある話にしたのだと思いますが、内容的には日本人の私たちには馴染むの薄い内容なので単純にマトリックス的アクションを期待していくと肩すかしをくらうのは確かだと思います。残念なのはもう少し「V」の過去を描いてくれればより国家との対立理由が明確になったと思います。また終盤のクライマックスである民衆が「V」のマスクをつけて行進するシーンを観たとき、シリアスな場面なのに一瞬百人スミスを思いだしてしまいおかしくなってしまいました。

私の評価:★★★★

|

« 自転車通勤日記vol.002「街の自転車屋さん」 | トップページ | 皇帝の復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138915/9755104

この記事へのトラックバック一覧です: Vフォー・ヴェンデッタ:

» TB100突破新記録!「Vフォー・ヴェンレッタ」マニア増殖中!コメントも多し〜 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
予告編での「ナタリー・ポートマン」の 坊主頭がきになって仕方がなかった 「Vフォー・ヴェンレッタ」を観てきました。 原作は、イギリスのコミックなんですね。 違う方の評をみると イギリスの歴史と背景を把握しないと 面白くないと書いていたのですが・・・ 全然そんなこと関係なく楽しめました。 前半は、ダークな描写が多く ラストのほうで一気に見せてくれて 終わり方も楽しめました。 少しネタばれです... [続きを読む]

受信: 2006年5月 6日 (土) 02時25分

« 自転車通勤日記vol.002「街の自転車屋さん」 | トップページ | 皇帝の復活 »