2006年3月 3日 (金)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 砕かれた世界 スペシャルエディション

先日、最終巻も出て一段落したDESTINY・・・っと思ったら何と前作同様にスペシャルエディション全4巻で発売との事。

しかし何故、3巻ではなく4巻なのか?前作以上に総集編が多いのに4巻って出しすぎなのでは・・・まぁ、消化不良な部分もあったのでその辺をしっかりフォローしてもらえればいいと思います。OVAの噂もあるしSEEDの世界もまだまだ続きそうな気配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-パスネット

sub_n_20060213b_01 いよいよ今週末に公開ですね~「新訳Z」最終章!
評判も全2作に比べてかなりいいですし何より誰も知らない衝撃のラストとは?
なんて感じでTVシリーズをリアルタイムで観た世代としてはとても楽しみなのですが・・・それに先立ち昨日1日にバスネットカードが発売されました。前作「恋人たち」の時は残念ながら手に入らなかったので今回こそはと1日の朝、出勤時(雨なので電車でした)に勢い込んだのですが最寄り駅の篠○では何と完売!!早いよ~。ってことで乗り換えの岩○町で何とかGETっていうか、まだ余ったいたみたいやはり辺境の駅では販売枚数が少ないのか?はたまた大人買いが行われたか・・・などと考えながらカードを拝見!
めちゃくちゃ格好いいですよ!!この格好良さが映画の中で活かされていれば後、絵のギャップさえなければいいのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月26日 (日)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 13

今回は機動戦士ガンダムSEED DESTINY13を振り返って・・・

PHASE-49「レイ」 レクイエム破壊作戦開始!そして、レイと議長によるシン補完作戦完了・・・っといったところでしょうか。その他にもイザークたちとアスランのやりとりやホーク姉妹の再会、ムウさん記憶カムバックと見所満載の回です。DESTINYって最後の最後までベタな展開を通してくれたのがすごいよかったです。

FINAL PHASE「最後の力」 ありとあらゆる人間関係に一応の決着がつく回。DESTINYって本当はシンの成長物語だったはずなのに・・・最後はキラとアスランの意志の強さが引き立ってしまっていた(^^;)テレビで観た時にこれでいいのとかなり思ったのですがその後、スペシャルで補足されましたね↓

FINAL PLUS「選ばれた未来」 年末に放映されたスペシャル版です。最終回で描ききれなかった後日談も収録されています。一応の決着もついているし僕的にはこの終わり方はありですね。ただこれって、レンタル版では収録されてないんですよね・・・って事で最終巻は購入してしまいました。

The Making 前夜祭で上映されたメイキングやインタビューなどを再編集したものですが全部見終わった後に見ると少し変な感じでこれはDVD1巻に入れておいてほしかったですね。

ノンテロップオープニング&エンディングコンプリートCDにも入っていましたね。通してみると話の展開やキャラ関係の変化がわかって楽しめましたね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 12

今回は機動戦士ガンダムSEED DESTINY12を振り返って・・・

PHASE-45「変革の序曲」 レクイエム破壊さよならジブリールさん大作戦!といったとこでしょうか?デスティニー、レジェンド、インパルス・・・ミネルバ3大ガンダム最後の活躍が格好良く描かれています(この後はホントに駄目駄目な描かれかたされますしね)そして、アークエンジェルがオーブの正規軍として宇宙に向かうところで終わり・・・ここでひとつの関係に新たな展開がカガリが宇宙には行かず代表としてオーブに残ることを選びます。SEEDの時だったら絶対に宇宙に行っていたでしょうから彼女の代表としての意志の強さが感じとれるエピソードでした。アスランも進む道は一緒みたいなことを行っていたし・・・

PHASE-46「真実の歌」 ミーアさん昇天のお話!コペリニクスでのラクスとキラのやりとりが面白い!あまりあんな感じをださないラクスが非常に女の子らしく、楽しいひとときがその後訪れる悲劇をより一層深いものにしています。でも、ラクスとキラはもう少し自分たちが狙われているのを意識したほうがいいと思うんだが・・・

PHASE-47「ミーア」 この期におよんで回想エピソード、ミーア視点の為、今までのに比べて面白くはなっているが時間稼ぎの感が得ない、そしてラストにデスティニープランを発動宣言(逆シャアの宣言みたいだった)をして次回へ・・・

PHASE-48「新世界へ」 レイの正体が明らかになりました・・・ってみんな知ってますよね(^^;)正しい道の為と言ってレクイエムを打ってましたデュランダルさん!それじゃジブリールとやっていることは一緒だ!!!いよいよ人類の存亡をかけてアークエンジェル対ミネルバ最終決戦です。みなさんはデスティニープランの様な世界を望みますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 11

今回は機動戦士ガンダムSEED DESTINY11を振り返って・・・

PHASE-41「リフレイン」キラとアスランの視点で今までの話を振り返る・・・お約束の総集編です。「黄金の意志」がすごい気になる終わり方をしたので期待していたら、これって・・・しかしこの衝撃はこれで終わりではなかった(?)

PHASE-42「自由と正義と」タイトルのまんまですね。フリーダムとジャスティスのエピソードです。フリーダムがジャスティスの手を引っ張って宇宙から降下してくるところなんてヒーロー者として超~ツボを押さえていますね。さらにネオが少しづつ記憶を取り戻しつつあり・・・なんて全体的に思いっきりベタだけどとても好きなエピソードです。ドムも出てきましたね(^^)っていうかドム強すぎ!!

PHASE-43「反撃の声」オーブ戦最後のエピソード。鬼気迫るアスランが凄い!以前ホーク姉妹が本気になればシンはアスランに勝てないってことを言っていましたが、ようやく証明してくれました(DESTINY初の種ワレもありましたし)最後のミーアとラクスの演説合戦はちょっとした映画ぽくってよかったです。

PHASE-44「二人のラクス」レクイエム発射により戦いが宇宙に移るよってお話。ラクスの出現によってミーアがうろたえてしまう所がちょっちかわいいと思ってしまいました。この時、アスランが言っていた役にたたなくなったら・・・っての考えてしまったエピソード!ラストにアークエンジェルの面々が宇宙にあがる決意をするところが彼らのチームワーク、信頼感をよく反映していると思いました。それに比べてミネルバはねぇ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 10

今回は機動戦士ガンダムSEED DESTINY10を振り返って・・・

PHASE-37「雷鳴の闇」 アスランがシンとレイにやられルナマリアがシンに走ってしまう話。デスティニー初出撃の任務がアスラン撃墜ってマジで悪役モードですね。シンもアスランの訴えに一瞬は躊躇するものの最後は種ワレ即撃墜!!いや~困ったチャンです(^^;)それ以上に?なのがルナマリア。メイリンを殺した(生きてますけどね)相手に温もり?共感?を覚えてしまう彼女・・・この時点で彼女がヒロインの座から転落したといっても過言ではないのでは?

PHASE-38新しき旗」 ミネルバレッド3人組大活躍の話。オークレーさん最後の話ってオークレーさん生きていたんだ。ファントムペインの彼も初登場時はかっこよかったのに・・・あと驚きはルナマリア!ザク・ウォーリアの時は外しまくっていた彼女がインパルスに乗ったとたんに射撃の腕があがるなんて恐るべしVアンテナあとこの回からEDが一押しのSee-Sawに変わりました。

PHASE-39「天空のキラ キラとストライクフリーダムのために作られたエピソードといっても過言ではない!それくらいつぼを押さえた話!ストライクブースターでの出撃からドラグーンでの瞬殺!(←懐かしいですね)アスランもアークエンジェルに合流していよいよラストに向け動き出したって感じです。

PHASE-40「黄金の意志 デュランダルさんご一行のオーブ壊滅を阻止するべく、百式いや「アカツキ」でカガリが出撃する話。まず驚きはアカツキって前大戦時から隠していたのか?設計だけ行って最近、開発したのか?しかし金色ってすばらしいカラーリングですね・・・しかしセイラン家ってほんとに駄目な家系ですね、リーダーが駄目だと国(組織)がおかしくなる見本のような人たちです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年12月26日 (月)

FINAL PLUS~選ばれた未来~

観ました。観ましたともデスティニー特別編

感想ですが素直に面白かったです。またいつものような総集編かと思いきや最後のレクイエム攻防戦を丹念に描き、キラやアスラン、そしてシンの物語の決着をそれなりにつけてあげたんじゃないですかね?(テレビの終わり方じゃシン駄目駄目のままでしたからね~)しかし後日談はもう少し多くてもよかったんでは・・・

そして最後に気になったのはアスランって結局、メイリンとくっついたの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 9

今回は機動戦士ガンダムSEED DESTINY 9を振り返って・・・

PHASE-33「示される世界」 シンくんがステラさんの亡骸を湖に沈めるところから始ります。仮にもステラさんは罪のない大多数の人々やザフト兵を散々殺しているんだけどやはりシンくんの問題行動は不問!それっていくら何でも問題ありありじゃ!アスランくんは完全に浮いた存在ですが唯一の救いはそんな彼を心配するホーク姉妹!ルナマリアもこの頃は正常な判断が出来ていて・・・やはり36話で彼女が一緒に逃げていたら、後半デュランダルさんの唯我独尊の大演説にうっとりするシンくんですがバックの映像って君の好きだったステラがやられる映像なのにそんなのお構いなしって・・・やはり彼には感情移入できないんだよな~。

PHASE-34「悪夢」 フリーダムインパルスの話。フリーダムをステラの敵とばかりに研究しつくししたシンくんとまずはカガリをオーブに戻すこと不殺を貫こうとしたキラくんとの気持ちの差が出たのかも・・・マリューさんとタリアさん、大人のやり取りが新鮮でした。

PHASE-35「混沌の先に」 ミネルバに帰還したシンくんは傲慢パワー爆発!そんなシンに切れたアスランは彼を殴るのだがレイくんに戒められて・・・確かにこの時レイの意見が一番正しい!ジブラルタルについたシン&アスランに待っていたのはデュランダルさんと最新鋭MSデスティニーとレジェンドだった!登場の仕方(BGMも含めて)が主役というより宿敵って感じがしてきます。MS与えられた直後のシン&アスラン表情の違いが印象的でした。

PHASE-36「アスラン脱走」 タイトルどおりザフトに居場所がなくなったアスラン君が脱走する話放送当時の予告でアスランが手を差し伸べているのは誰かで仲間うちで話題になりました。(メイリンでしたね~)この回から彼女の株は急上昇!!ちなみにこの回からアスランはシンくんにも呼び捨てされていましたね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 8

ようやく観ました。DESTINY8巻・・・って事で軽く振り返ってみたいと思います。

PHASE-29「FATES」 デュランダルさんは自分の邪魔ばかりするキラくんラクスさんに非常に困っていました。何で最強の二人は出会っちゃたの・・・っとここでSEEDシリーズのころの彼らがって簡単に言ってまたしても総集編です。途中、自分とタリアの別れやクルーゼとのやり取りなどもあったのですがこれを30分かけてやるべきものなのか?この時点でPHASE-20「PAST」と話数には含まれていないエディテッドも含めて3度目ってやりすぎです!!ただ、DVDで気づいたのですがBGMで「君は僕に似ている」を使ってました。これはうれしい誤算でした。

PHASE-30「刹那の夢」 アークエンジェルにオーブ軍の生き残りが合流し、結束を深めると同時にミネルバではアスラン落ち込みまくりシンは切れまくりあまつさえステラをネオ(ムウ)に返してします・・・ってお話。確かにSEEDでもキラがラクスをアスランに返すってエピソードはあったのですが・・・医務室の女性や警備兵を倒し、敵に対して戦争と関係ないところに・・・って無理でしょ!!シンはよく、アスランやカガリに都合のいいことばかりをゆうなって切れまくっていたのですが君の方が都合よすぎるぞ!しかしステラとシンの出会いやふれあいの描きかたってZのフォウとカミーユが自然すぎるのにあまりにも強引で不自然過ぎますよね~。

PHASE-31「明けない夜」 ミネルバに帰還したシンとレイは営倉にアスランの言葉にも俺は正しいの一点張り!あげくデュランダルさんの差し金でシンくんは不問!これでますます増長しまくって・・・って主人公としてかなり人気を落とす結果になったんじゃないかな?一方、アークエンジェルではラミアスさんにキラくんが励まされていた・・・さて、どちらの船が結束あるでしょう?って感じです。そのころステラがデストロイで出撃して・・・この回でレイがアスランのことを隊長から呼び捨てになりました。ダークサイドがいよいよ発動って感じです。

PHASE-32「ステラ」 街を破壊しまくるデストロイさんを止めるべく、アークエンジェルとフリーダムが立ちふさがります。そこにアークエンジェルにいいとこ取りされてたまるかとミネルバとインパルスが現れるのですがステラが乗っているのを知ったシンはキラに八つ当たり!!一度は我に返ったステラだが再び暴走しようとしたところをキラに打たれ絶命!上記にも書いたフォウや同じ桑島さんが演じたフレイが死んだ時のが悲しかった・・・泣けない不幸のヒロインって致命的なのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

続編はあるのかな?

PHASE-50「最後の力」

終わってしまいました機動戦士ガンダムSEED DESTINY

前作同様強引に終わらすのかな~って思っていたのですがやはり強引でしたね(^^;)まぁ前作に比べればマシでしたけど・・・。しかし、ガンダム史上途中主役交代というのは初めてではないのでしょうか?

中盤やりたい言いたい放題だったシンくんは完全にサブキャラ扱いでアスランに軽くのされてました。まだキーパーソンになったレイの方が活躍していたような・・・そしてキラくん完全に主役復活~

さらに今作は前作に比べ死人が少ない!必要最低限の死者だけで話を終わらすのは続編をやるための伏線なのか?続編がないのなら前作のDVD最終巻に入っていたようにエピローグを入れてほしいですね~。

何はともあれ声優さん、製作のみなさん一年から面白い作品をありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)